絶対に線路の前のマンションや家に住むのは止めておきましょう。


construction

昔住んでいたマンションの目の前を撮影しました。こんな具合に真夜中の2時~5時にかけてガンガン工事をします。1年の間に本当に何度も工事します。

 

線路前の物件は相場よりも1~2万程度安い傾向があります。こんな具合に夜中に工事をして煩いからです。耳栓をしてもうるさくて眠れません。仮に寝れたとしてもうるさくて目が覚めます。

 

ただ、町中の不動産屋は仲介手数料が欲しさに入居人をどんな糞物件であったとしてもぶち込んで、契約をしてしさへすれば仲介手数料がもらえるので夜中に工事をしているなんて事教えてくれません。

また、物件選びで必要なのは事故物件ではないかと事前に大島てるなどのサイトでチェックをしておきましょう。特に都内の場合、事故数がびっくりする位多いです。大島てるのサイトを見てもらえれば分かりますがファイアー(事故数が多い程炎マークが数多く表れます。)マークだらけです。

この線路工事のうち一番頭に来るのは、年末などお役所が予算を使いきる為に無駄に同じところを壊しては、作り直しを繰り返しているところです。本当にやりまくってます。政治家が引退後にJR東日本などの政府癒着企業に天下りをする関係で税金がドバっと垂れ流されているという事です。必要な工事ならすべきですが、無駄な工事をこうまでされていては線路添いに済んでいる人はたまったものではありませんね。

騒音に負けない耳栓を探す。

皆さんもくれぐれも線路沿いの物件は幾ら安くてもやめておきましょう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.