字が汚い人必見!文字を綺麗に書く時の注意点


字が汚い人必見!文字を綺麗に書く時の注意点

文章を書く時はパソコンが主流になってきているとはいえ、仕事や冠婚葬祭の時に文字を書く場面は意外と多くあります。
そんな時に皆上手に書けている中で、自分だけすごく字が下手だと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
現在では通信教材などでも字を綺麗に書くための講座もある程、字を気にされる方が増えています。しかし、いくつかのポイントに気をつければ綺麗な字を書くことはできるのです。今回は字を綺麗に書く時の注意点をご紹介します。
■まずは持つ力に注意しよう!

ペンを持って丁寧に書こうとすると、どうしても力が入ってしまう方もいらっしゃるかと思います。ペンを持つ時はなるべく力を入れずに書くことが大切です。力を入れてしまうとどうしても文字を書いている時に文字が滑りやすくなってしまいます。丁寧に書くことは大切ですが、ペンを持つ力を緩めて書くようにしましょう。力の入れ方としては、ほとんど持っていないくらいの力で大丈夫です。
■正方形の中に書いていることをイメージしながら書く!

文字を書く時は白地の紙だったとしてもそこにマス目があるような気持ちで書くと綺麗に書くことができます。例えば小学校の頃、漢字の練習帳は正方形のマスが並んでいて、その中に字を書いていくこと一文字一文字のバランスを揃える練習ができていたと思います。
なので文字のバランスを整えるためにも、練習帳のような正方形マスの中に文字を書いているイメージを意識しながら書いていくことで、自然と文字全体のバランスも整ってきます。
■文章のバランスも考える!

上記では一文字ごとのバランスを意識することを書きましたが、文章全体を見た時のバランスも非常に大切です。一文字ごとには綺麗に書けていても、文字の大きさだったり間隔などがバラバラだと綺麗に見えません。特に文字の大きさがバラバラになりやすい方が多くみかけられますが、これはひらがなやカタカナと漢字を同じ大きさで書こうとした結果、ひらがなやカタカナが大きくなってしまっていることでバランスが乱れていると考えられます。ひらがなやカタカナはどうしても大きくなってしまいがちなので、漢字よりも少し小さめに書くことを意識すると良いでしょう。
文字をいきなり綺麗に書くことは難しいですが、少しずつ練習をしていくことでより綺麗に書くことができます。また、なるべく文字を書く時は気持ちを落ち着かせて、一文字一文字をゆっくり丁寧に書くよう心掛けましょう。

■他の人はこちらも見ています。■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA