天のどこにも神はいなかった


本日4月12日は【世界宇宙飛行の日

地球
1961年4月12日に世界初の有人宇宙衛星船・ソ連のボストーク1号が打ち上げに成功。
搭乗したソ連空軍のユーリイ・アレクセーエヴィチ・ガガーリン(1934年3月9日-1968年3月27日)が宇宙から地球を見た感想を「地球は青かった」と言った日である。

ガガーリン

しかし日本の新聞での翻訳では「地球は青かった」だが実際の原文では
「空は非常に暗かった。いっぽう地球は青みがかっていた」

という意味の表現だったそうだ。
さらにこの名文句には続きがありガガーリンは

「天のどこにも神はいなかった」

と続けている。
日本以外ではガガーリンといえば「地球は青かった」よりも「天のどこにも神はいなかった」のほうが有名なぐらいであるそうです。

■他の人はこちらも見ています。■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA