【Visual Studio 2010】Debug.WriteLine実行時に余計なデバッグ情報の出力を制御する方法


Visual Studio2010を使っている時に変数の現在の値を確認する際にDebug.WriteLine(“”);

を使いますが、その際にロードされたモジュール等の

デバッグには直接は関係の無い余計な情報が出力される場合があります。

不要なメッセージは出力(Output)ウィンドウに表示させない様にしておいた方がデバッグしやすいです。

余計なコンソールメッセージを表示させない様にするには

Output ウィンドウの上で右クリック 

Exception Messages

Step Filtering Messages

Module Load Messagees

Module Unload Messages

Process Exit Messages

Thread Exit Messages

Program Output

が右クリックメニューに表示されるので不要な項目のチェックを外します。こうする事により余計なデバッグ情報の出力を抑制する事が出来ます。

vs_debug

■他の人はこちらも見ています。■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA