UQ-Wimaxルータ Aterm WM3500Rを使っていて電源が自動で勝手に落ちてしまう場合の対処方法


UQ-Wimaxルータ ATerm WM3500Rを使っていると電源を入れているのになぜか突然電源が落ちたりと、不思議な事象が起こっていました。調べてみるとこの原因はECO設定というヤツがトリガーになっていた様です。

このECO設定を無効にすれば常にUQ-Wimaxのずっと立ち上がった状態を維持出来ます。

 

1.UQ-Wimaxに接続した上で管理画面にアクセスします。必ず接続してから後続の作業は行ってください。

http://web.setup/

※このURLをコピーしてブラウザに張り付けてアクセスしてください。

2.パスワードを求められたら

ユーザ名:admin

パスワード:admin

と入力します。

 

3.管理画面にログイン出来たら画面左側の ECO設定をクリックします。

ツリービューが開くので更にECO設定をクリックします。

 

4.設定内容を次の通り設定します。

ロングライフ充電: 使用するのチェックを外す

自動LED消灯: 使用するのチェックを外す

無通信時間:0分に設定する。

設定ボタンを押します。

 

5.画面左上にあるオレンジ色の保存ボタンを押します。必ず最後に保存を教えて設定内容の変更の確定を行ってください。

ここまでの設定を行えばUQ-Wimax 3500Rのルータが自動で電源が落ちてしまう不具合が解消されるハズです。もしそれでも落ち続ける場合には故障なのでUQ-Wimaxに修理の依頼を出しましょう。

 

追記

原因が不明なのですが一度自動で電源が切れるのを防止する設定を行ったとして、自動でECO設定が復活する場合があります。その場合には面倒ですが再びルータ管理画面にアクセスして設定しなおしてください。

 

 

なお、電源ランプが緑と橙(だいたい)色とで交互に点滅している場合があります。その場合、ファームウェアの更新が来ています。管理画面にアクセスしてファームウェアを更新してください。

↓↓こちらの記事もおすすめ↓↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.