サクラエディタを使ってテキストファイルをUTF-8で保存する方法


Windows環境では、文字コードはSJISで改行コードは、\r\nですが

Linux環境では、文字コードはUTF-8で改行コードは、\nです。

 

そこでWindows環境でテキストファイルをUTF-8で改行こーどを\nにした上で保存する方法を纏めます。

 

1.

対象ファイルの上で右クリック > プログラムから開く (H) > サクラエディタ

sakura-1

 

 

2.

文字列をサクラエディタ上で編集する。

 

3.

メニュー> ファイル(F) > 名前を付けて保存(A)… > 

sakura-2

 

4.

以下を選択し

文字コードセット(C): UTF-8 

改行コード(E): LF(UNIX) 

保存(S) をクリックする。

sakura-3

 

 

WindowsとLinuxとでは文字コードが異なる為にローカルで編集したテキストファイル・スクリプトをWEBサーバに転送する際には事前にサクラエディタで文字コードをUTF-8に統一しておいた方が無難です。

 

■他の人はこちらも見ています。■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA