MySQLで使える基本的でかつ重要な命令文


MySQLで使える基本的でかつ重要な命令文

MySQLで使う頻度の高い、重要な構文などを不定期にメモ書きしていきます。毎度×2似たクエリを手書きで発行するのは効率が悪いので出来る限りコピペですぐ発行できる状態でまとめていきます。

【LIMIT】データの取得件数を制限する

SELECT * FROM HOGE_TABLE LIMIT S1 , S2

S1→取得開始位置。0から始まります。
S2→データ取得件数

例)
SELECT * FROM HOGE_TABLE LIMIT 0 , 10

この場合、
HOGE_TABLE から 0番目から10行のデータが取得されます。
インデックスとしては、 0~9になります。

 

要素の値がNULLであるかどうかを判定する

カラムの値がNULLのデータを抽出する場合
HOGE_NAME is NULL

と指定します。また、NULLではないデータを抽出する場合

HOGE_NAME is not NULL

とします。C# や php などに慣れていると

HOGE_NAME = null と誤って記述してしまいますが、、、これでは対象データを抽出する事が出来ないので注意しましょう。

↓↓こちらの記事もおすすめ↓↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.